墨田区

墨田区・個人・法人問わず

墨田区出るコンクリートブロックや木材、石膏ボードなど建築廃材やタイヤやプラスチックなどの産業廃棄物なら個人・法人問わず回収致します。産業廃棄物はどこに頼んでも一緒ではありません。業者選びが大変ですが一度ご相談下さい。他社よりも安い価格で回収いたします。

目次

こんなお悩みでご相談されることが多いです。

ゴミのお悩み

・役所で捨てられなく困っている
産業廃棄物や建築廃材は基本的にどこの自治体での回収は行っていません。産業廃棄物収集運搬の許可を持っている会社に頼む必要があります。

リフォーム後の建築廃材

・リフォームで出た少量の建築廃材がある
他社で少量の建築廃材を頼んだ際には2t車の高額な出張費と処分費用になってしまいますが、当社では少量だけでもお気軽にご依頼出来る料金設定になっています。少量の際にはkgの重さでその場で分かりやす計量致します。

1円でも安く!

・もっと安い会社を探している
いままで頼んでた所が適正価格か確かめたい、または今より安い会社を探している。そんな方からのご依頼を多く頂いております。当社では業者様など何度もご依頼頂く方や一度に多く出される方の場合には特別価格にてご提案しています。

処分品から料金を調べる

木くず
木くず・木材
石膏ボード
石膏ボード
土・残土
土・残土
コンクリートブロック・ガラ
コンクリート
庭石
石・自然石
断熱材・グラスウール
断熱材
粉砕機
工具・重機
厨房機器
店舗用品
オフィス家具・什器
オフィス家具

墨田区で産業廃棄物が安く捨てられる理由とは?

安い理由とは?

1、多くの処分場と契約している

契約書

「なぜ他社より墨田区で産業廃棄物を安く捨てられるの?」とよく言われます。それは当社が墨田区周辺の安い処分場と多く契約しているからです。

また当社は解体業も行っている為、産業廃棄物の回収以外にも多くのゴミを処分場に持って行く為、単価が安く捨てられるのです。

2、地域を絞っているので安い!

社員・従業員・スタッフ

当社東京都を中心として産業廃棄物の回収を行っています。地域を絞る事により常に墨田区の近くにトラックがいる、それこそが安くなる理由です。近くにいる=回収までの距離が近い=経費が安くなるのでその分、出張費などが安く済みますお客様に還元出来るのです。

3、広告費をかけていない

0円・無料

広告費をかければお客様に負担がかかってしまいます。そこで当社では一切の広告費を使用していません。またホームページも自作です!

このような方法で他社よりも安く、早く、建築廃材・産業廃棄物の回収が可能なのです。

墨田区で産業廃棄物の無料回収をしています!

墨田区でお金を払って産業廃棄物を捨ててませんか?
カイテキ産廃では一部の品物につきましては無料回収または買取をしています。こちらは一例になります

墨田区・ロッカー

こちらはオフィスで使われていたスチール製のロッカーです。このような物もお客様が下まで持って来ていただければ無料で処分致します。(少量の場合には出張費のみかかります)
いままでこのような物も全てお金を払って捨てていた!そんな経験がありましたらカイテキ産廃の無料回収をご利用下さい。
墨田区で無料回収NO1を目指していますので相見積もりもお気軽にどうぞ!

無許可業者にはご注意

無許可業者

墨田区で無許可で産業廃棄物を回収している業者は沢山います。無許可の業者に依頼するとその業者だけではなく排出者も罰せられます。

こんな業者は要注意

  • HP会社概要が無い(住所や許可番号が書いて無い)
  • 便利屋さんは無許可の所が多いです。
  • チラシの不用品回収業者

カイテキ産廃はもちろん許可を持っていますのでご安心して依頼ください。
・産業廃棄物収集運搬 第13-00-177013

墨田区の回収事例

墨田区のその他のゴミについて

事業ゴミ

墨田区は、東京の23区東部に位置する行政区で2022年2月時点での推計人口は272,316人です。2000年頃には21万6,000人まで人口が減りましたが、以降は年々増加傾向を持ちます墨田区は、隅田川・荒川・中川などの河川に囲まれたエリアで海抜が低い地域といわれています。そのため、古くは河川の氾濫などで床下もしくは床上浸水などの水害も多くありましたが、河川の整備が行われたことでこのような水害へのリスクは低くなっているようです。

工場

墨田区には、ビールメーカーや4大石鹸メーカーなどの本社および一部工場などもあるので、産業廃棄物の排出量も少なくありませんし古くから町工場で栄えた地域などでも現代においても工場を経営している人がいるので、これらの事業所から排出される産業廃棄物も多いのではないでしょうか。なお、産業廃棄物は事業所から排出されるゴミが対象になるのですが、一般家庭から排出されるものとは区別が行われていて事業者から出すゴミは一般家庭が利用する燃えるゴミなどで回収を行うことはできません。

迷ったらメールかLINEで簡単見積

メール
LINE
お問い合わせ  お見積り
スマホお問い合わせ
目次
閉じる