千代田区

千代田区・個人・法人問わず

当社は千代田区で個人・法人問わず少量からの産業廃棄物を回収しています。家庭やオフィス、建設現場などから出る産業廃棄物や建築廃材の産廃の処分でしたらお任せ下さい。

目次

産業廃棄物とは?

産業廃棄物とは?

産業廃棄物とは事業活動に伴って生じる廃棄物の中で、20種類ありますが木くず・紙屑・繊維くず・ゴムくず・ガラス、コンクリート、陶磁器くず)・廃プラスチック・その他になります。このような産業廃棄物はきちんと許可を持った業者に依頼しなくてはなりません。

役所が回収しているゴミや無許可で行っている業者に出すと罰せられる恐れがあります。

こんなお悩みでご相談されることが多いです。

ゴミのお悩み

・役所で捨てられなく困っている
産業廃棄物や建築廃材は基本的にどこの自治体での回収は行っていません。産業廃棄物収集運搬の許可を持っている会社に頼む必要があります。

リフォーム後の建築廃材

・リフォームで出た少量の建築廃材がある
他社で少量の建築廃材を頼んだ際には2t車の高額な出張費と処分費用になってしまいますが、当社では少量だけでもお気軽にご依頼出来る料金設定になっています。少量の際にはkgの重さでその場で分かりやす計量致します。

1円でも安く!

・もっと安い会社を探している
いままで頼んでた所が適正価格か確かめたい、または今より安い会社を探している。そんな方からのご依頼を多く頂いております。当社では業者様など何度もご依頼頂く方や一度に多く出される方の場合には特別価格にてご提案しています。

処分品から料金を調べる

木くず
木くず・木材
石膏ボード
石膏ボード
土・残土
土・残土
コンクリートブロック・ガラ
コンクリート
庭石
石・自然石
断熱材・グラスウール
断熱材
粉砕機
工具・重機
厨房機器
店舗用品
オフィス家具・什器
オフィス家具

千代田区で産業廃棄物が安く捨てられる理由とは?

安い理由とは?

1、多くの処分場と契約している

契約書

「なぜ他社より千代田区で産業廃棄物を安く捨てられるの?」とよく言われます。それは当社が千代田区周辺の安い処分場と多く契約しているからです。

また当社は解体業も行っている為、産業廃棄物の回収以外にも多くのゴミを処分場に持って行く為、単価が安く捨てられるのです。

2、千代田区の近くに会社がある!?

社員・従業員・スタッフ

当社の資材置き場は国立府中インターの近くにあり一見遠いように思えますが、東京都を中心に行っているカイテキ産廃では23区に常時作業しているダンプが何台もいます。実際に千代田区に会社は無くても千代田区やその近郊にいる!=回収までの距離が近い=経費が安くなるのでその分、出張費などが安く済みますお客様に還元出来るのです。

3、広告費をかけていない

0円・無料

広告費をかければお客様に負担がかかってしまいます。そこで当社では一切の広告費を使用していません。またホームページも自作です!

このような方法で他社よりも安く、早く、建築廃材・産業廃棄物の回収が可能なのです。

千代田区で産業廃棄物を無料回収

千代田区で産業廃棄物を捨てる際にお金を払っていませんか?カイテキ産廃では一部の商品になりますが、出張費も無しで無料回収を行っています。こちらは1例になります。

千代田区・パソコンの無料回収

千代田区のオフィスで使用されていた大量のパソコン本体とモニターを無料回収させて頂きました。
写真は途中でこの倍ぐらいありました。
ある程度台数がある場合には出張費もかからず完全無料で回収可能です。
千代田区以外でも大量にパソコンが出る場合にはお知らせください。
この他にも産業廃棄物で買取が出来る物などもありますのでお気軽にご相談下さい。

無許可業者にはご注意

無許可業者

千代田区で無許可で産業廃棄物を回収している業者は沢山います。無許可の業者に依頼するとその業者だけではなく排出者も罰せられます。

こんな業者は要注意

  • HP会社概要が無い(住所や許可番号が書いて無い)
  • 便利屋さんは無許可の所が多いです。
  • チラシの不用品回収業者

カイテキ産廃はもちろん許可を持っていますのでご安心して依頼ください。
・産業廃棄物収集運搬 第13-00-177013

千代田区の回収事例

千代田区のお客様の声

今まで利用していた業者さんより融通が利くので助かります。

見積をして一番安かったカイテキ産廃さんへ頼みました。買取もしていただけたので他社の半分以下で済みました。ありがとうございます。

知り合いに紹介されて利用しましたが、作業員の方の対応もよくサクサクとやってくれました。

千代田区のその他のゴミについて

事業ゴミ


千代田区では産業廃棄物に関して、3つの処理方法があります。特定の事業活動に伴って排出される紙屑・木くず・繊維くずは事業者自ら処理施設へ持ち込むことが可能です。持ち込み禁止物が区役所のホームページで確認できるため、情報をチェックして持ち込めるものを持参しましょう。

それ以外のごみの場合や、事業者自らが持参する時間がないなどの場合は、知事の許可を得ている事業者へ処理を委託することが一般的です。処理委託する場合は排出事業者へ契約書の作成とマニフェストの交付知事の許可を得ている産業廃棄物処理業者は複数存在しているため、事前に確認してから利用することが重要です。

ごみの種類によっては有料で区で行っている収拾へ出すことも可能ですが、産業廃棄物は対象外となっているため、確認してから利用することが必要となります。

迷ったらメールかLINEで簡単見積

メール
LINE
お問い合わせ  お見積り
スマホお問い合わせ
目次
閉じる