渋谷区

渋谷区・個人・法人問わず

渋谷区で出る木くずや石膏ボード、コンクリートブロックなど色々な産業廃棄物がありますますが、カイテキ産廃ではそのような建築廃材からオフィス家具のような産業廃棄物まで幅広く対応しています。渋谷区にお住いの個人様から法人様まで対応していますので業者選びにお困りでしたらお気軽にご相談下さい。

目次

こんなお悩みでご相談されることが多いです。

ゴミのお悩み

・役所で捨てられなく困っている
産業廃棄物や建築廃材は基本的にどこの自治体での回収は行っていません。産業廃棄物収集運搬の許可を持っている会社に頼む必要があります。

リフォーム後の建築廃材

・リフォームで出た少量の建築廃材がある
他社で少量の建築廃材を頼んだ際には2t車の高額な出張費と処分費用になってしまいますが、当社では少量だけでもお気軽にご依頼出来る料金設定になっています。少量の際にはkgの重さでその場で分かりやす計量致します。

1円でも安く!

・もっと安い会社を探している
いままで頼んでた所が適正価格か確かめたい、または今より安い会社を探している。そんな方からのご依頼を多く頂いております。当社では業者様など何度もご依頼頂く方や一度に多く出される方の場合には特別価格にてご提案しています。

処分品から料金を調べる

木くず
木くず・木材
石膏ボード
石膏ボード
土・残土
土・残土
コンクリートブロック・ガラ
コンクリート
庭石
石・自然石
断熱材・グラスウール
断熱材
粉砕機
工具・重機
厨房機器
店舗用品
オフィス家具・什器
オフィス家具

渋谷区で産業廃棄物が安く捨てられる理由とは?

安い理由とは?

1、多くの処分場と契約している

契約書

「なぜ他社より渋谷区で産業廃棄物を安く捨てられるの?」とよく言われます。それは当社が渋谷区周辺の安い処分場と多く契約しているからです。

また当社は解体業も行っている為、産業廃棄物の回収以外にも多くのゴミを処分場に持って行く為、単価が安く捨てられるのです。

2、渋谷区に倉庫が無い!

社員・従業員・スタッフ

当社は国立府中インターの近くに倉庫があります。当社の倉庫から混んでなければ高速道路で渋谷区に行けばおおよそ30分~40分で到着出来ます。遠いから高いと思われがちですが、仮に渋谷区で100坪の駐車場を借りた場合と国立市で借りた場合では毎月のコストが全然違ってきます。あえていい場所に倉庫や駐車場を持たないのでお客様に対する負担を減らすことが出来るのです。

3、広告費をかけていない

0円・無料

広告費をかければお客様に負担がかかってしまいます。そこで当社では一切の広告費を使用していません。またホームページも自作です!

このような方法で他社よりも安く、早く、建築廃材・産業廃棄物の回収が可能なのです。

渋谷区で産業廃棄物を無料回収出来る!?

買取・無料回収

渋谷区で産業廃棄物を捨てる際にお金を払って捨ててませんか?カイテキ産廃では一部の処分品に関して無料回収または買取を行っています。

渋谷区・調理機器

こちらは渋谷区の飲食店で行った無料案件の事例です。
飲食店で買い替えや移転、閉店などで出る産業廃棄物の中で厨房機器などは無料回収の可能性が非常に高いです。
冷蔵庫やコールドテーブル、焼き台などは年式や状態などによって買取が可能です。
また当社では産業廃棄物で出るオフィス家具の買取なども行っています。
渋谷区で無料回収がご希望でしたら産業廃棄物のリサイクルが得意なカイテキ産廃へご相談下さい。

無許可業者にはご注意

無許可業者

渋谷区で無許可で産業廃棄物を回収している業者は沢山います。無許可の業者に依頼するとその業者だけではなく排出者も罰せられます。

こんな業者は要注意

  • HP会社概要が無い(住所や許可番号が書いて無い)
  • 便利屋さんは無許可の所が多いです。
  • チラシの不用品回収業者

カイテキ産廃はもちろん許可を持っていますのでご安心して依頼ください。
・産業廃棄物収集運搬 第13-00-177013

渋谷区の回収処分事例

渋谷区のお客様の声

渋谷区でオフィス家具を処分している会社を探して見つけました。4社ほどお見積りを頂いて1番安かったので依頼させていただきました。

建設現場で出た廃材の処分を当日対応してくれるので選びました。連絡して1時間で来てくれたのでビックリするほど早かったです。助かりました。

会社の倉庫にあった木材などの処分をしてもらいました。料金も分かりやすくよかったです。

渋谷区のその他のゴミ

事業ゴミ

廃棄物を処理する際には渋谷区の指定に従う必要があります。
廃油などの産業廃棄物には種別に応じた20種類のものが存在しています。
廃棄物を処理する際には、渋谷区が定める方法に従い、適切な処分を行っていく必要があるのです。産業廃棄物の中には、特定の業種においてのみ生じるものも見られます。

木くず

木くずや繊維くずなど、一定の業種においてのみ発生する廃棄物です。事業を営む方が、特定業種に属する場合には、別途処理方法を検討する必要があります。渋谷区では、区独自のガイドラインを用いて、産業廃棄物の処理を進めていきます。
廃棄物を処理する際には、分別や保管、収集や運搬といった、煩雑な手順が伴うものです。適切な処理方法を用いなくては、余分な労力を費やしてしまうのです。
事業で生じた廃棄物を、スムーズに処分していくためには、事前にガイドラインを把握しておく必要があるのです。

危険物

廃棄物の中には、危険性を保つものも少なくありません。爆発の可能性があったり環境汚染をもたらしたりなど、周囲の環境を悪化させる可能性があるものです。
事業を継続する上では、環境基準に抵触しないことが欠かせません。
安定した事業運営を行なうためにも産業廃棄物を適切に処理することを心掛けましょう。

迷ったらメールかLINEで簡単見積

メール
LINE
お問い合わせ  お見積り
スマホお問い合わせ
目次
閉じる