嵐山町

嵐山町・産業廃棄物

嵐山町で出た建築廃材などの産業廃棄物を安く捨てたい!

嵐山町で木材や床材、壁材などの建築廃材やオフィスや店舗から出る産業廃棄物まで個人・法人問わず少量から回収いたします。当社は産業廃棄物に特化した専門の回収業者です。

他社とは違い建設資材や産業廃棄物の買取や無料回収も行っています。え!産業廃棄物って買い取れるの?とよく言われますが、全てではありませんが、買取れます。捨てる前に見積無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

処分品から料金を調べる

木くず・木材
石膏ボード
土・残土
コンクリート・ガラ
石・自然石
断熱材・グラスウール
工具・重機
店舗用品
オフィス家具
木くず・木材
石膏ボード
土・残土
コンクリート・ガラ
石・自然石
断熱材・グラスウール
工具・重機
店舗用品
オフィス家具

埼玉県の回収事例

嵐山町の対応エリア詳細

・大蔵・越畑・勝田・鎌形・川島・志賀・将軍澤・菅谷・杉山・千手堂・太郎丸・遠山・根岸・花見台・平澤・廣野・古里・むさし台・吉田

こんなお悩みでご相談されることが多いです。

ゴミ悩み

役場で捨てられなく困っている
産業廃棄物や建築廃材は基本的にどこの自治体での回収は行っていません。産業廃棄物収集運搬の許可を持っている会社に頼む必要があります。

リフォーム後の建築廃材

・リフォームで出た少量の建築廃材がある
他社で少量の建築廃材を頼んだ際には2t車の高額な出張費と処分費用になってしまいますが、当社では少量だけでもお気軽にご依頼出来る料金設定になっています。少量の際にはkgの重さでその場で分かりやす計量致します。

1円でも安く!

・もっと安い会社を探している
いままで頼んでた所が適正価格か確かめたい、または今より安い会社を探している。そんな方からのご依頼を多く頂いております。当社では業者様など何度もご依頼頂く方や一度に多く出される方の場合には特別価格にてご提案しています。

嵐山町で産業廃棄物が安く捨てられる理由とは?

安い理由とは?

1、多くの処分場と契約している

契約書

「なぜ他社より嵐山町で産業廃棄物を安く捨てられるの?」とよく言われます。それは当社が嵐山町周辺の安い処分場と多く契約しているからです。

また当社は解体業も行っている為、産業廃棄物の回収以外にも多くのゴミを処分場に持って行く為、単価が安く捨てられるのです。

2、嵐山町の近くに会社がある!?

会社から近い

当社の倉庫は埼玉県の所沢市にあり、主なエリアは埼玉県全域がメインになります。埼玉県の端から端までトラックが何台も走っているので嵐山町まですぐに行ける!=回収までの距離が近い=経費が安くなるのでその分、出張費などが安く済みますお客様に還元出来るのです。嵐山町で産業廃棄物や建築廃棄物を安く捨てるなら埼玉県が地元のカイテキ産廃へご相談下さい。

3、広告費をかけていない

0円・無料

広告費をかければお客様に負担がかかってしまいます。そこで当社では一切の広告費を使用していません。またホームページも自作です!

このような方法で他社よりも安く、早く、建築廃材・産業廃棄物の回収が可能なのです。

無許可業者にはご注意

許可の有無

嵐山町で無許可で産業廃棄物を回収している業者は沢山います。無許可の業者に依頼するとその業者だけではなく排出者も罰せられます。

こんな業者は要注意

  • HP会社概要が無い(住所や許可番号が無い)
  • 便利屋さんは無許可の所が多いです。
  • チラシの不用品回収業者

カイテキ産廃はもちろん許可を持っていますのでご安心して依頼ください。
・産業廃棄物収集運搬 第11-00-177013

嵐山町のその他のゴミについて

事業ゴミ

嵐山町にある事業所から出るいろいろなゴミには、産業廃棄物や一般廃棄物などがあります。これらは細かく区分されており、法律や条例の規定によって事業者は責任を持って適正に処理することが決められています。いろいろな業界がありますが、会社や飲食店、事業所や自営業者、学校などを問わずに、事業活動に応じて発生した廃棄物について、その量や質に関係なく、廃棄物になるものが多いです。事業系廃棄物の場合ゴミ集積所などに出すことができないようになっているので注意しましょう

事業者

。産業廃棄物の場合、事業活動などによって発生した廃棄物について法律で規定された20種類が対象です。産業廃棄物の処理する場合、自分で民間処理施設へ搬入したり、産業廃棄物収集運搬業者等などに収集運搬委託しなければなりません。ゴミの種類により規定されたルールに従って、適切な処分が必要になります。区分することがややこしいなら、専門業者に依頼すると便利です。

事業系ゴミについて

埼玉県の嵐山町で事業系一般廃棄物がある場合、その処分方法を知っておきたいところです。事業系一般廃棄物とは、一般と名前がついている通り産業廃棄物とは捨て方が異なります。例えば食品の会社が運営している工場があった場合、その工場の製造過程で出たゴミと休憩中などに従業員が出したゴミとでは捨て方が違います。

産業廃棄物に当たらない、休憩中などに出たゴミをを処分する場合は、事業系一般廃棄物認定され、その嵐山町に従った処理方法をすることが求められます。

嵐山町の場合には大きく分けて2種類の処分方法が考えられます。1つは、普通にごみ処理センターに持ち込むことです。ごみ処理センターに持ち込むためには、ご自身で車を用意する必要があります。特に決まった日時である必要はありませんが、ごみ処理センターも受け入れ日時が決まっている為、事前に空いている日がいつなのかは確認をしておかなければいけないところです。

この方法だと、あまりお金がかかりにくいのが大きな魅力ですが、そもそもトラック等を所有していない会社を実現不可能といえます。

上記に対して、嵐山町から許可を得ているゴミ処理会社と契約を結ぶ方法もあります。この方法ならば、特にトラックを所有していなくても問題ありませんが、その分費用が掛かってしまうかもしれませんが、車の購入や人件費などを考えれば安く済む事が多いです。

埼玉県対応エリア

迷ったらメールかLINEで簡単見積

メール
LINE

パソコンお問い合わせ

メール見積