東松山市

東松山の個人、法人問わず

東松山市内で産業廃棄物を捨てるなら個人・法人様問わずOK!少量からの回収も超得意ですので少ない量でもお気軽にご相談下さい。
個人の方で料金が知りたい場合には写真が必要です。写真が無い場合には料金はお答えできませんのでご注意下さい。

買取

当社は東松山市で建設廃材や産業廃棄物、オフィス家具や什器などの無料回収や買取も処分と同時に行える回収業者です。建築廃材や産業廃棄物を捨てる際に無駄な処分費用を払っていませんか?当社は買取専門業者でも買い取らない物を無料回収や買取が出来る物が沢山あります。他社で断れた物も東松山市の回収が得意な当社へ一度ご相談下さい。

目次

こんなお悩みでご相談されることが多いです。

ゴミのお悩み

・役所で捨てられなく困っている
産業廃棄物や建築廃材は基本的にどこの自治体での回収は行っていません。産業廃棄物収集運搬の許可を持っている会社に頼む必要があります。

リフォーム後の建築廃材

・リフォームで出た少量の建築廃材がある
他社で少量の建築廃材を頼んだ際には2t車の高額な出張費と処分費用になってしまいますが、当社では少量だけでもお気軽にご依頼出来る料金設定になっています。少量の際にはkgの重さでその場で分かりやす計量致します。

1円でも安く!

・もっと安い会社を探している
いままで頼んでた所が適正価格か確かめたい、または今より安い会社を探している。そんな方からのご依頼を多く頂いております。当社では業者様など何度もご依頼頂く方や一度に多く出される方の場合には特別価格にてご提案しています。

処分品から料金を調べる

木くず
木くず・木材
石膏ボード
石膏ボード
土・残土
土・残土
コンクリートブロック・ガラ
コンクリート
庭石
石・自然石
断熱材・グラスウール
断熱材
粉砕機
工具・重機
厨房機器
店舗用品
オフィス家具・什器
オフィス家具

東松山市で産業廃棄物が安く捨てられる理由とは?

安い理由とは?

1、多くの処分場と契約している

契約書

「なぜ他社より東松山市で産業廃棄物を安く捨てられるの?」とよく言われます。それは当社が東松山市周辺の安い処分場と多く契約しているからです。

また当社は解体業も行っている為、産業廃棄物の回収以外にも多くのゴミを処分場に持って行く為、単価が安く捨てられるのです。

2、東松山市の近くに会社がある!?

社員・従業員・スタッフ

当社の倉庫は埼玉県の所沢市にあり、主なエリアは埼玉県全域がメインになります。所沢市から東松山市までは約40分とかなり近くにあります。また埼玉県を毎日何台ものトラックが行き来しているので東松山市まですぐに行ける!=回収までの距離が近い=経費が安くなるのでその分、出張費などが安く済みますお客様に還元出来るのです。東松山市で産業廃棄物や建築廃棄物を安く捨てるなら埼玉県が地元のカイテキ産廃へご相談下さい。

3、広告費をかけていない

0円・無料

広告費をかければお客様に負担がかかってしまいます。そこで当社では一切の広告費を使用していません。またホームページも自作です!

このような方法で他社よりも安く、早く、建築廃材・産業廃棄物の回収が可能なのです。

無許可業者にはご注意

無許可業者

東松山市で無許可で産業廃棄物を回収している業者は沢山います。無許可の業者に依頼するとその業者だけではなく排出者も罰せられます。

こんな業者は要注意

  • HP会社概要が無い(住所や許可番号が書いて無い)
  • 便利屋さんは無許可の所が多いです。
  • チラシの不用品回収業者

カイテキ産廃はもちろん許可を持っていますのでご安心して依頼ください。
・産業廃棄物収集運搬 第11-00-177013

埼玉県の回収事例

東松山市のお客様の声

以前に使用していた業者は全て処分でしたが、カイテキ産廃さんは車のバンパーやマフラーを買い取ってくれるので処分費用が安くなって助かります。

東松山市で回収していなかった産業廃棄物の処分を依頼してすぐに取りに来てくれました。

処分費用を安くする方法を教えてもらって勉強になりました。以前の3分2ぐらいの廃棄コストになりました。

東松山市の産業廃棄物事情

ダンプ・業者

東松山市で産業廃棄物を処分したいのであれば、間違った処分方法になることがないように気をつけておかなければなりません。難しいことではないものの、正しい理解がないとトラブルに繋がりかねないので要注意です。東松山市でも産業廃棄物排出事業者に適切な分別や管理、処分が必要とされています。たとえば、これは種類ごとに確実な分別を行い、危険性がない状態で保管することが求められていますし、きちんと運搬や処分を行える業者に依頼して最終的な処分を任せる必要があるでしょう。

事業者

費用を抑えるために自分たちで廃棄したり、一般事業系ごみと同様に廃棄したりすることはできないので、間違いのない認識を持つことができるようにしておくことが大事です。自社で分別や管理を行うだけでなく、信頼できる処分者の手配やマニフェストの発行まで行う必要があります。やらなければならないことを知らないと、処理したいときにスムーズに行うことができないので、事前に準備しておきましょう。

迷ったらメールかLINEで簡単見積

メール
LINE
お問い合わせ  お見積り
スマホお問い合わせ
目次
閉じる