【川崎市の産業廃棄物】処分が安い専門業者!建築廃材の無料回収や買取が凄い!

川崎市の個人、法人問わず

川崎市の戸建て住宅やアパートから出る建築廃材や産業廃棄物の処分でしたら個人・法人問わず少量から回収致します。当社は神奈川県から産業廃棄物の許可を頂いて適正に回収しています。その為、建築廃材などのガラスくずやレンガ・陶磁器・ボード類・コンクリート製品など分類分けは非常にわかりにくい場合などでも、こちらでまとめてお受けすることが出来ます。少量でもお気軽にお問合せ下さい。その他、オフィス家具や厨房機器などの買取や無料回収も多数行っています。売れないゴミだと諦めずにまずはご連絡下さい。

目次

こんなお悩みでご相談されることが多いです。

ゴミのお悩み

・役所で捨てられなく困っている
産業廃棄物や建築廃材は基本的にどこの自治体での回収は行っていません。産業廃棄物収集運搬の許可を持っている会社に頼む必要があります。

リフォーム後の建築廃材

・リフォームで出た少量の建築廃材がある
少量の産業廃棄物を頼むと産廃回収業者は高い!?他社では木材1本でも立米単位で計算されてしまう場合がありますが、当社では少量の場合にはkgなど小さな単位での回収を行っています。セメント1kgや塩ビ管1本、タイルカーペット1枚など少量からでも喜んで回収にお伺い致します。お気軽にご利用下さい。

1円でも安く!

・もっと安い会社を探している
いままで頼んでた所が適正価格か確かめたい、または今より安い会社を探している。そんな方からのご依頼を多く頂いております。当社では業者様など何度もご依頼頂く方や一度に多く出される方の場合には特別価格にてご提案しています。

処分品から料金を調べる

木くず
木くず・木材
石膏ボード
石膏ボード
土・残土
土・残土
コンクリートブロック・ガラ
コンクリート
庭石
石・自然石
断熱材・グラスウール
断熱材
粉砕機
工具・重機
厨房機器
店舗用品
オフィス家具・什器
オフィス家具

川崎市で産業廃棄物が安く捨てられる理由とは?

安い理由とは?

1、多くの処分場と契約している

契約書

「なぜ他社より川崎市で産業廃棄物を安く捨てられるの?」とよく言われます。それは当社が川崎市周辺の安い処分場と多く契約しているからです。

2、大量に産業廃棄物を扱っている

社員・従業員・スタッフ

当社では神奈川県以外に東京都、埼玉県、千葉県など色々な地域で幅広く回収しています。その為、処分場に大量に持って行く契約をしているので皆様が自分で処分しに持って行くより安く処分が出来るのです。

3、広告費をかけていない

0円・無料

広告費をかければお客様に負担がかかってしまいます。そこで当社では一切の広告費を使用していません。またホームページも自作です!

このような方法で他社よりも安く、早く、建築廃材・産業廃棄物の回収が可能なのです。

川崎市で産業廃棄物の無料回収や買取が出来る?

カイテキ産廃の1番の特徴として、建築廃材や産業廃棄物の無料回収や買取を買取専門スタッフが行っていることです。他社では廃棄コストがかかる物や買取業者に断られた物も当社では無料回収や買取が出来る物が多数あります。

大田区・湯沸し器

例えばこちらは川崎市の戸建て住宅から出た湯沸し器です。こちらは無料回収の対象です。当社は少量の場合には出張費がかかりますが、大量にある場合や他の元と一緒にご依頼頂いた場合には無料回収や買取出来る物が沢山あります。川崎市で処分費用を少しでも抑えたいなら一度カイテキ産廃へご相談下さい。未使用の建築廃材なども買取出来る物が多数あります。

無許可業者にはご注意

無許可業者

川崎市で無許可で産業廃棄物を回収している業者は沢山います。無許可の業者に依頼するとその業者だけではなく排出者も罰せられます。

こんな業者は要注意

  • HP会社概要が無い(住所や許可番号が書いて無い)
  • 便利屋さんは無許可の所が多いです。
  • チラシの不用品回収業者

カイテキ産廃はもちろん許可を持っていますのでご安心して依頼ください。
・産業廃棄物収集運搬 第14-00-177013

川崎市の回収事例

川崎市のお客様の声

工場から出る産業廃棄物を定期的に回収してくれ業者をネットで探して見つけました。5社見積を取り一番安いカイテキ産廃さんにきめさせて頂きました。今後ともよろしくお願いします。

オフィス家具の無料回収をしている業者を川崎市で探していて連絡してみました。運び出しから全て行って買取までしていただけたのはビックリしました。

連絡すればすぐに現場まで来てくれるのがいいです。いつも助かっています。

川崎市の産業廃棄物の豆知識

川崎市の産業廃棄物の特徴として、同じ業種同じ規模の企業であっても、製品や製造工程の違いにより産業廃棄物の発生量に大きな差が存在している、というものがあります。ゆえに、他社に比べて産業廃棄物を多く発生させている事業者とそれ以外を明確に区別した統計を出しています。ひとつひとつの事業者に対する当事者意識を求める姿勢を徹底しているのが特徴です。
また、年によってばらつきはあるものの、製造業からの排出量は100万トン弱のことが多く、全排出量の35%ほどをしめています。なお、製造業から発生したものについては約7割が有償物として売却されているのが特徴です。
そのほか、電気や水道業からの排出量は100万トン強で全排出量の40%ほどを、そのほかの業種の排出量は5万トンほどが毎年発生しています。このうち、電気や水道業からの産業廃棄物は減量化量、いわゆる水道業から発生する汚泥を自ら脱水処理することで大きく減量化している、という特徴があります。

迷ったらメールかLINEで簡単見積

メール
LINE
お問い合わせ  お見積り
スマホお問い合わせ
目次
閉じる