愛川町

愛川町・産業廃棄物

愛川町の店舗や会社、飲食店など事業場での産業廃棄物の処分方法でお困りの方。カイテキ産廃では低料金かつ無料回収などスタッフがお客さまに寄り添った柔軟なサービス提供をおこなっています。什器や備品など処分にお困りのかたはちいさく切ったり袋につめたりする必要もありません。愛川町で不適切な処理をする前に一度ご相談ください。

こんなお悩みでご相談されることが多いです。

ゴミ悩み

役場で捨てられなく困っている
産業廃棄物や建築廃材は基本的にどこの自治体での回収は行っていません。産業廃棄物収集運搬の許可を持っている会社に頼む必要があります。

リフォーム後の建築廃材

・リフォームで出た少量の建築廃材がある
少量の産業廃棄物を頼むと産廃回収業者は高い!?他社では木材1本でも立米単位で計算されてしまう場合がありますが、当社では少量の場合にはkgなど小さな単位での回収を行っています。セメント1kgや塩ビ管1本、タイルカーペット1枚など少量からでも喜んで回収にお伺い致します。お気軽にご利用下さい。

1円でも安く!

・もっと安い会社を探している
いままで頼んでた所が適正価格か確かめたい、または今より安い会社を探している。そんな方からのご依頼を多く頂いております。当社では業者様など何度もご依頼頂く方や一度に多く出される方の場合には特別価格にてご提案しています。

処分品から料金を調べる

木くず・木材
石膏ボード
土・残土
コンクリート・ガラ
石・自然石
断熱材・グラスウール
工具・重機
店舗用品
オフィス家具
木くず・木材
石膏ボード
土・残土
コンクリート・ガラ
石・自然石
断熱材・グラスウール
工具・重機
店舗用品
オフィス家具

愛川町で産業廃棄物が安く捨てられる理由とは?

安い理由とは?

1、多くの処分場と契約している

契約書

「なぜ他社より愛川町で産業廃棄物を安く捨てられるの?」とよく言われます。それは当社が愛川町周辺の安い処分場と多く契約しているからです。

2、大量に産業廃棄物を扱っている

会社から近い

当社では神奈川県以外に東京都、埼玉県、千葉県など色々な地域で幅広く回収しています。その為、処分場に大量に持って行く契約をしているので皆様が自分で処分しに持って行くより安く処分が出来るのです。

3、広告費をかけていない

0円・無料

広告費をかければお客様に負担がかかってしまいます。そこで当社では一切の広告費を使用していません。またホームページも自作です!

このような方法で他社よりも安く、早く、建築廃材・産業廃棄物の回収が可能なのです。

無許可業者にはご注意

許可の有無

愛川町で無許可で産業廃棄物を回収している業者は沢山います。無許可の業者に依頼するとその業者だけではなく排出者も罰せられます。

こんな業者は要注意

  • HP会社概要が無い(住所や許可番号が無い)
  • 便利屋さんは無許可の所が多いです。
  • チラシの不用品回収業者

カイテキ産廃はもちろん許可を持っていますのでご安心して依頼ください。
・産業廃棄物収集運搬 第14-00-177013

愛川町の回収事例

建設会社様に設置している木くずの処分

愛川町・木くず

愛川町の建設会社様の資材置き場に設置したコンテナの回収をしてきました!

産廃コンテナの設置をさせていただいており、溜まった際に連絡をいただき交換する形になります。

置場が広い場合には分別用に何個かコンテナを置かれると処分費用が安くなります。

お客様

以前の業者さんは頼んでから日数がかかっていましたが、カイテキさんは連絡してすぐに来てくれるのがありがたいです。

庭石の処分

愛川町・庭石処分

愛川町の住宅の庭にあった庭石の処分のご依頼がありました。

全て手で運べるサイズの庭石でスタッフ2名でお伺いさせていただきました。

当社はユニックやユンボを使用した庭石の撤去なども行っています。

愛川町で小さな物から大きな物までお任せ下さい!

お客様

庭に置いてあった石が邪魔だったので依頼しました。頼んだ次の日には取りに来てもらってスッキリしました。

その他の回収事例

愛川町のその他のゴミについて

愛川町の産業廃棄物は事業系ごみにカテゴライズされます。事業系ごみには事業系一般廃棄物もあり、区別して処分方法選ぶことが求められます。産業廃棄物は、都道府県か政令市の許可を得た業者を探し、委託することで処分できます。ただし許可には品目の制限がありますから、指定業者がなんの許可を得ているのか把握してから依頼しなければなりません。
委託は書面による契約が必須です。記載内容も法律で決まっていますから、神奈川県が公式にリリースしている情報を確認して書類を用意します。委託するときには産業廃棄物管理交付票を交付しなければなりません。媒体は紙と電子の2種類があり、法令により5年保存することになっています。
処理業者に持ち込むときにも守るべきことがあります。具体的にはまず廃棄物が飛散・流出しにように気をつけることや、悪臭や騒音を出さないことです。くわえて運搬する車両に表示し、書類を供えることです。表示は運搬している旨と事業所名の2つです。

愛川町の対応エリア詳細

・春日台・角田・田代・棚沢・中津・八菅山・半原・三増

神奈川県対応エリア

迷ったらメールかLINEで簡単見積

メール
LINE

パソコンお問い合わせ

メール見積