野田市

野田市の個人、法人野田市

野田市で出た建築廃材などの産業廃棄物を安く捨てたい!

野田市の住宅や店舗、事務所や工場などから出た木くずやガラ、ガラスくずや陶磁器類などの建築廃材からオフィス家具や什器などの産業廃棄物など個人・法人問わず少量から回収しています。徹底的な価格調査と回収業者では珍しい産業廃棄物の買取や無料回収で野田市でNO1回収業者を目指しています。当社は今日中に捨てたい、早朝や深夜しか出来ない内装解体の廃材の処分をして欲しいなど幅広く対応しています。野田市で産業廃棄物の廃棄コストを抑えたいならぜひご相談下さい。

目次

こんなお悩みでご相談されることが多いです。

ゴミのお悩み

・役所で捨てられなく困っている
産業廃棄物や建築廃材は基本的にどこの自治体での回収は行っていません。産業廃棄物収集運搬の許可を持っている会社に頼む必要があります。

リフォーム後の建築廃材

・リフォームで出た少量の建築廃材がある
他社では木材1本でも立米単位で計算されてしまう場合がありますが、当社では少量の場合にはkgなど小さな単位での回収を行っています。セメント1kgや塩ビ管1本、タイルカーペット1枚など少量からでも喜んで回収にお伺い致します。お気軽にご利用下さい。

1円でも安く!

・もっと安い会社を探している
いままで頼んでた所が適正価格か確かめたい、または今より安い会社を探している。そんな方からのご依頼を多く頂いております。当社では業者様など何度もご依頼頂く方や一度に多く出される方の場合には特別価格にてご提案しています。

処分品から料金を調べる

木くず
木くず・木材
石膏ボード
石膏ボード
土・残土
土・残土
コンクリートブロック・ガラ
コンクリート
庭石
石・自然石
断熱材・グラスウール
断熱材
粉砕機
工具・重機
厨房機器
店舗用品
オフィス家具・什器
オフィス家具

野田市で産業廃棄物が安く捨てられる理由とは?

安い理由とは?

1、多くの処分場と契約している

契約書

「なぜ他社より野田市で産業廃棄物を安く捨てられるの?」とよく言われます。それは当社が野田市周辺の安い処分場と多く契約しているからです。

2、大量に産業廃棄物を扱っている

社員・従業員・スタッフ

当社では千葉県以外に東京都、埼玉県、神奈川県など色々な地域で幅広く回収しています。その為、処分場に大量に持って行く契約をしているので皆様が自分で処分しに持って行くより安く処分が出来るのです。

3、広告費をかけていない

0円・無料

広告費をかければお客様に負担がかかってしまいます。そこで当社では一切の広告費を使用していません。またホームページも自作です!

このような方法で他社よりも安く、早く、建築廃材・産業廃棄物の回収が可能なのです。

野田市で産業廃棄物を無料回収?

産業廃棄物を野田市で捨てる場合にはお金がかかるのは当たり前ですが、カイテキ産廃はその当たり前ではないのです。カイテキ産廃では一部にはなりますが、無料回収や買取もしています。

鉄くずや電動工具の無料回収

オフィス家具や什器などの無料回収はもとよりお庭やガレージ、資材置き場や倉庫などに邪魔になっている鉄くずや電動工具などの産業廃棄物はありませんか?当社は野田市で邪魔になっている鉄くずなどを無料回収しています。(少量の場合には出張費がかかります)鉄くず以外に建設資材で未使用品や余ってしまった物などの無料回収や買取も可能です。

無許可業者にはご注意

無許可業者

野田市で無許可で産業廃棄物を回収している業者は沢山います。無許可の業者に依頼するとその業者だけではなく排出者も罰せられます。

こんな業者は要注意

  • HP会社概要が無い(住所や許可番号が書いて無い)
  • 便利屋さんは無許可の所が多いです。
  • チラシの不用品回収業者

カイテキ産廃はもちろん許可を持っていますのでご安心して依頼ください。
・産業廃棄物収集運搬 第12-00-177013

千葉県の回収事例

野田市の産業廃棄物業者の選び方

野田市で発生した産業廃棄物は一定のルールに基づき処分をしなくてはなりません。野田市の産業廃棄物処分方法は、産業廃棄物回収を行っている会社に依頼するようになっており、適切な処理が求められます。
処分を行う会社を選ぶ際に注意すべき点は、野田市の産業廃棄物処理の許可を取っているか、処分料が適正であるか、所在地が明確であるかということがあげられます。処分費用は業者の差はあまりなく、どこも一定になっていることが多いです。あまりにも安い場合は許可を取っている業者でない可能性があり、トラブルのもととなることもあるので注意しなくてはなりません。処分を委託する場合は委託契約書が必要となっており、産廃処理業者と排出した業者の間で結ぶことにより不法投棄などを防ぐことができるようになっています。
また廃油や強アルカリ、強酸性など特別な管理が必要な廃棄物を扱っていない業者もあるので、どこまでを回収してもらえるのかをチェックすることも大切です。

迷ったらメールかLINEで簡単見積

メール
LINE
お問い合わせ  お見積り
スマホお問い合わせ
目次
閉じる