発泡スチロール

家庭ゴミの発砲スチロールの捨て方

発泡スチロールは自治体によって扱いや処分方法が異なりますが、素材自体はスチロール樹脂なので、基本的にはプラスチック扱いで考えることができます。
食品トレイの発泡スチロールのように、特定の容器について処分方法を指定している自治体もあります。
また汚れは軽く洗い落としてからごみに出すのが基本ですが、汚れが落ちない場合は燃やせないごみとする自治体も存在します。
分別が容易でリサイクルできる素材ですから、自治体のごみ回収に出せば無料で処分できる可能性が高いです。

大きい発泡スチロールは?


ただし、大きなものは粗大ごみなど別扱いになり、回収費用が掛かることがあるので注意です。
大きな発泡スチロールの捨て方は、小さく分けて捨てる処分方法が現実的だといえます。
大きな板状のものなら力を加えれば割れるので、ごみ袋に入るサイズになるまで小さくしていけばOKです。
とはいえ、発泡スチロールは割ると粒が発生しますし、静電気で手や服につくので厄介です。
小さな粒を発生させず、静電気を気にせず綺麗に処分したいのであれば、スチロールカッターの使用をおすすめします。
一般的なカッターでもカットは可能ですが、厚みがあると力を入れなくてはいけないので大変です。
その点、専用のスチロールカッターは電熱線で溶かしながら切るので、殆ど力を入れずに綺麗にカットできます。
火傷に気をつける必要はあるものの、気をつけなければいけないのは刃物も同じですし、扱い方がそれほど難しいわけではないので心配無用です。
このように、汚れが落ちないものは自治体の分別や処分方法を確認して捨てる、大きなものはスチロールカッターなどで小さくしてごみに出す流れとなります。


スチロール樹脂は、柑橘類などに含まれるリモネンや溶剤で溶けるので、溶かして処分するやり方も考えられます。
ただ溶剤は気をつけないと引火などの危険性がありますし、大量に吸い込むと健康被害に繋がるのでおすすめできないです。
燃やしても有害ガスは出ませんが、火事になったり火事と誤解される恐れがありますから、火を使う捨て方も推奨されないです。
袋に入るサイズなら、袋に入れた状態で外から力を加えれば、細かな粒が飛び散ったり静電気で手や服につくことがなくなります。

業者に依頼する

しかし処分したい発泡スチロールが大量だったり、小さくするのが大変な場合は、産廃業者に依頼するのも手です。
産廃業者は自治体の許可を得て廃棄物の回収や運搬、処分までしてくれるプロですが、許可を確認して見積もりを出してもらい金額に納得してから正式に回収処分を任せましょう。

発泡スチロールの処分はこちら

カイテキ産廃
電話:050-5534-4666
年中無休 受付:8:00~21:00
東京都立川市高松町2-12-14

迷ったらメールかLINEで簡単見積

メール
LINE

パソコンお問い合わせ

メール見積